病気や障害がある子も、小さく生まれた子も、そのきょうだいも、健常児もみんないっしょに楽しも〜♪

IMG_9113
(キッズプロデューサーとサポートスタッフの皆さん)

がんばりっこやそのきょうだいが“キッズプロデューサー”となり
*みんなと一緒にやりたい!
*こんなことやれたら楽しい♪
と、色んな企画を考え、準備をし当日を迎えました。

第1回目のキッズプロデューサーミーティングはこちらから

企画から当日迄関わってくださった沢山の方のご支援とご協力によって開催出来ました。
心から感謝しております。

やりたいことその1。衣装を作りたい

ユザワヤさんのご協力で店頭展示作品デザイナーもやらせていただきました。

当日も、ワークショップでお友達と一緒に衣装作りをしました。
「本当に針と糸使わないんだ〜!」と皆さん驚いてくださいました。
各デザイナーは、講師も頑張りました!

IMG_9128

IMG_9133

IMG_9139

 

やりたいことその2。みんなにお菓子を配りたい

ららぽーとTOKYO-BAYさんの協賛により実現!
みんなで一緒にパレードをやることに決定しました。

の前に、、、ステージに上がって♪

11188219_1068081679876953_2015230180000270429_n

会場の皆さんにコスチュームとお名前を披露しました!

IMG_9193

IMG_9177

IMG_9185

み〜んな上手に自己紹介出来ました〜!!!
では、では、パレードへレッツゴ〜♪


IMG_9237

IMG_9364

IMG_9218

自然とお友達の車いすを押す子。
小さい子と手をつなぐ子。
前の子がゆっくりの歩みなら、私もゆっくり。

大人が声をかけたわけではないのに、当たり前になされる対応。
これが“当たり前の世の中になる日”は、そう遠くない気がした私です。
同じ様に、心が温かくなっていた保護者が沢山でした。

IMG_6961

子供達から子供達へ「みんないっしょ♡」の合い言葉でお菓子を渡して
“仲良し♪”になりました。

 

やりたいことその3。ゲームがしたい

ドラムサークル グルーブコネクトさんが駆けつけてくださいました!
ゲームはゲームでも、音で遊んじゃいました〜♪

IMG_9315

IMG_9303

子供も大人もみんな真剣!みんな笑顔♪

飛び込み参加された健常児パパに、イベント趣旨のチラシをお渡ししたら、
「一緒に楽しめる空間素敵ですね♪」なんて嬉しい声をいただきました。

 

やりたいことその4。みんなで絵を書きたい

ハンドスタンプアートプロジェクトさんのご協力により、
<みんないっしょ♡ハロウィンバージョン>が完成しました!

IMG_6604

沢山の方のご参加と温かい想いのこもった作品、ステキでしょ!!!

 

やりたいことその5。みんなで劇をやりたい。

ステージで劇♪は実現出来ませんでしたが・・・
「こころのボーダーをなくそう」ブースは、ブルーナで溢れ夢の国でした♪

IMG_6616

グッズの産みの親、水戸さん♪
ブーフーウの社長も来場下さいました。
今回協賛もいただき、ありがとうございました。

 

やりたいことその6。みんなにお料理をだしたい。

気軽に巻き寿司体験@+アットプラスさんブースでおもてなししている気分に♪

IMG_9114

 

やりたいことその7。ゆるきゃらにきてほしい。

残念ながら今回、実現することは出来ませんでしたが、、、
「今日迄のキッズプロデューサー楽しかった人〜?!」の問いに、
全員が「ハーイ!」と元気に答えてくれてとても嬉しかったです。

 

私がやりたかったこと。

会場に来られなくても、イベントに参加してる気持ちになって欲しい。 

写真de参加では全国から約70枚の素敵なお写真が届きました。
当日会場ステージの前で皆さんにご紹介させていただきました♪

県外、病院、お空にいるお友達も、
「みんないっしょ♡」でしたよ!!!

1610873_1068081879876933_1619474983856945656_n

皆さんのお写真は、改めてご紹介します。

 

イベントに参加して(がんばりっこママ)

障害あってもなくてもみんな関係ないよ〜。
みんな一緒だよって、会場の空気感がたまらなく素敵でした。
どんな世界もこんな空気だったらいいなって思いました。

がんばりっこ仲間のこと知ってるけど登録はまだでした。
ぜひ、千葉でも集い開催してください!!!

話してみないとわからないことってたくさんあるし、その一歩を踏み出す勇気って計り知れないですよね。
一歩を踏み出せない人、たくさんいるんですよね。
一人で抱えてたり、周りに遠慮して我慢してたり。
そんな人を一人でも減らしたいです。

がんばりっこ仲間ブースに立ち寄ってくださったママが、
「この子も極低出生体重児なんです。お子さん達、楽しそうですね…。」と目に涙が。

「私たち、きっと同じような時間を過ごしてきてるんでしょうね…。」と話をしていくと、
「初めてです、言葉を選ぶことなく話せたの。」と、笑顔になったママ。
その笑顔に、今度は私がウルウルしてしまいました。
お話しできて良かった♡

 

イベントに参加して(健常児ママ)

会場に着くとそのパワーに、私たち親子は圧倒されてしまったほど(^^)
音楽を通してひとつになる子どもたち。

健常児とされるうちの子とこの子たちに区別する要素は何もありませんでした
子どもたちははじめから「みんな一緒!」なのかもしれません。
お互いに特別扱いして壁を作ってしまうのは、大人だけなのかもしれませんね。
がんばりっこ仲間の活動、本当に素晴らしいと思います。
ぜひまたうちの子も仲間に入れてくださいね☆

今迄は「どう話しかけたら良いかわからない。」から、自然と避けていました。
でも「子供を思う親同士であることに違いはありません。」の言葉にハッとしました。
みんな同じ大切な子供として関わっていきたいし、子供同士お友達になって欲しいです。

IMG_9256

 

協賛:株式会社ブーフーウー、ユザワヤ商事株式会社、3分物語(蛯原やすゆき監督)
後援:ららぽーとTOKYO-BAY
取材協力:読売新聞
企画協力:三井不動産日本橋街づくり推進部
運営協力:キッズプロデューサー、ボランティアスタッフ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レポートで会場の雰囲気が少しでもお届けできたら嬉しいです。

我が子は極低出生体重児で生まれたけど、今はグレーゾン健常児。
両方の親の気持ちがわかるつもりです。

子育ては誰にとっても、嬉しいことや楽しいこと、大変なことも沢山ですよね。
障害や病気の有無に関わらず、子供を大切に思う気持ちは、みんな同じですよね。

だから、大人も子供ももっともっと関わり合えたら嬉しいです。
これって、全ての人同士に言えることだとも思います。

お互いのこと、目をそらすのではなく、 まずは知ることで子育てを共有し支え合っていける世の中になったら
全ての親にとって子育てしやすい日本になります。
「難しいようで、そう難しいことではないかもしれない。」と思えた1日でした。
そう思わせてくれたのは、先入観のない子供たちの心と笑顔でした。

今回のイベントが1人でも多くの心に「何か」を届けることができたなら嬉しいです。

がんばりっこ仲間
代表 太陽ママ